{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/4

【取扱店用 5冊組】まどをあける vol.1

残り2点

1,100円

送料についてはこちら

取扱店用/5冊組 卸売価格[220円/冊]で購入いただけます。 (販売価格は[330円/冊]です。) 本屋・カフェ・雑貨屋などの店舗をお持ちの方や、イベント等の出展者(出店者)の方でもOKです。 まどをあけるウェブサイトの「取扱店一覧」に掲載させていただく場合がありますので、店舗名や屋号がわかるようにお書き添えいただけると嬉しいです。(掲載不可の場合はお知らせください) *領収書が必要な方は、備考欄にその旨と合わせて「宛名」をご記入ください。 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||| いろいろな場所で暮らす10人が、緊急事態宣言下の5月上旬に書いた短いエッセイをまとめました。非日常の中で抱いた大切な気づきや感情が詰まった16ページの冊子です。 「まどをあける」というタイトルには、他の人が見ている景色を想像することで、頭の中の空気を入れ替えられたらという思いを込めました。 [目次] ◎エッセイ 山梨/石垣純子  「山笑い、鳥はさえずる」 香川/石田桃子  「日常」 台湾/張瑋芃   「マスクの下で」 宮城/佐藤友理  「無力さと自立について」 神奈川/天笠美玲 「浜辺で感じること(一色海岸にて)」 愛媛/中田幸乃  「実家でのこと」 徳島/稲盛将彦  「言葉が真に届く距離」 新潟/米山耕   「手紙と、忘れたものたち」 東京/アリス   「ダイニングテーブルプロポーズ」 長野/池上幸恵  「二十日大根の日々」 ◎みんなのおすすめ本 ◎編集後記 — まどをあける vol.1 2020年6月発行 企画・編集 佐藤友理 中田幸乃 絵     上野あづさ デザイン  佐藤友理 A5判 16ページ メールアドレス [email protected] ツイッター    @madowoakeru_ — *2020年6月にフリーペーパーとして発行したものを、2022年4月に復刊しました。 詳細はウェブサイトでご覧いただけます。 http://madowoakeru.com/

セール中のアイテム